コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空阿(1) くうあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空阿(1) くうあ

1155-1228 鎌倉時代の僧。
久寿2年生まれ。比叡(ひえい)山にいたが,法然の弟子となり浄土宗に帰依(きえ)。みずから無智の空阿と称し,日夜念仏をとなえて京都を中心に巡遊,おおくの念仏者をあつめる。嘉禄(かろく)元年専修(せんじゅ)念仏に対する延暦(えんりゃく)寺の強訴(ごうそ)により京都を追放され,3年薩摩(さつま)配流が決定(嘉禄の法難),安貞2年1月15日死去した。74歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

空阿(1)の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android