空阿(1)(読み)くうあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空阿(1) くうあ

1155-1228 鎌倉時代の僧。
久寿2年生まれ。比叡(ひえい)山にいたが,法然の弟子となり浄土宗に帰依(きえ)。みずから無智の空阿と称し,日夜念仏をとなえて京都を中心に巡遊,おおくの念仏者をあつめる。嘉禄(かろく)元年専修(せんじゅ)念仏に対する延暦(えんりゃく)寺の強訴(ごうそ)により京都を追放され,3年薩摩(さつま)配流が決定(嘉禄の法難),安貞2年1月15日死去した。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android