コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突然変異育種 とつぜんへんいいくしゅmutation breeding

知恵蔵の解説

突然変異育種

人為的に突然変異を生じさせて品種改良する手法。突然変異は自然界でも低い頻度で生じるが、その発生確率は1遺伝子で1世代当たり、およそ10万〜100万分の1であり、品種改良のために利用するには発生頻度が低すぎる。突然変異の頻度は放射線の線量や照射時間、突然変異誘発剤の濃度や処理時間などに応じて増大する。多数の突然変異体を得て、有用なものを選別していく。作物の品種改良に利用されるだけでなく、ペニシリンやストレプトマイシンなどの抗生物質、特定のアミノ酸やたんぱく質などの有用物質を生産する微生物の開発や改良などにも利用されている。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とつぜんへんいいくしゅ【突然変異育種 mutation breeding】

品種改良の手法の一つ。農作物,家畜に起こる突然変異を利用して新品種をつくりだす育種方法。突然変異は自然に起こることもあるが,人為的に誘起させることも可能で,変異の中には有用なものも低率ではあるが含まれており,これが育種に利用される。栄養繁殖を行う作物では自然突然変異を見つけだすことが育種上有効であることが多い。果樹などは1個体中の一つの芽が突然変異を起こしても,その変異の性質を変えないように栄養繁殖で増殖させることが可能である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

突然変異育種の関連キーワードナイトロジェンマスタード遺伝子操作コルヒチンX線

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android