立花照夫(読み)たちばな てるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花照夫 たちばな-てるお

1855-1922 明治-大正時代の神職。
安政2年11月5日生まれ。東京で国学をまなび,郷里長崎にもどって金刀比羅(ことひら)神社の祠官(しかん),諏訪神社宮司となる。明治22年全国神職会を組織して神祇官(じんぎかん)再興につとめた。大正11年10月15日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android