コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花照夫 たちばな てるお

1件 の用語解説(立花照夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花照夫 たちばな-てるお

1855-1922 明治-大正時代の神職。
安政2年11月5日生まれ。東京で国学をまなび,郷里長崎にもどって金刀比羅(ことひら)神社の祠官(しかん),諏訪神社の宮司となる。明治22年全国神職会を組織して神祇官(じんぎかん)再興につとめた。大正11年10月15日死去。68歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花照夫の関連キーワードブラジル文学ルーマニア文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党ニコライ田中鶴吉村田清風ニコライイギリス映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone