コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立野原 たてのがはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立野原
たてのがはら

富山県西部,砺波平野の南西端,小矢部川右岸にある洪積台地南砺市に属する。江戸時代加賀藩の鷹狩場,第2次世界大戦前は陸軍演習場となった。戦後,開拓団の入植によって開墾が進み,ダイコンハクサイ,ネギなどの野菜やイチゴ,干し柿用のカキなどの栽培が行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android