コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立野原 たてのがはら

1件 の用語解説(立野原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立野原
たてのがはら

富山県西部,砺波平野の南西端,小矢部川の右岸にある洪積台地南砺市に属する。江戸時代は加賀藩の鷹狩場,第2次世界大戦前は陸軍演習場となった。戦後,開拓団の入植によって開墾が進み,ダイコンハクサイ,ネギなどの野菜やイチゴ干し柿用のカキなどの栽培が行なわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立野原の関連キーワード砺波平野小矢部砺波福岡[町]富山県小矢部市小矢部富山県小矢部市富山県小矢部市小矢部町富山県小矢部市下中富山県小矢部市水落富山県小矢部市嶺

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立野原の関連情報