小矢部川(読み)おやべがわ

  • おやべがわ〔をやべがは〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山県西部を流れる川。全長約 68km。両白山地の大門山 (1572m) にを発し山田川,渋江川,子撫川などの支流を合せ,北流して富山湾に注ぐ。下流部に庄川とともにデルタをつくり,河口左岸に高岡市伏木港と工場地域がある。緩流で水量が豊富なため鉄道敷設以前は本支流とも舟運がよく,沿岸に石動 (いするぎ) ,津沢福光などの河港が発達していた。小矢部川総合開発計画により福光町刀利 (とうり) に 1967年アーチ式ダムが建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

富山県西部,砺波(となみ)平野の西を流れて富山湾にそそぐ川。源は石川県境の大門山で,幹川流路延長68.2km,全流域面積667km2。明治末に庄川河口を東方につけかえるまで,河口近くで庄川が合流し,それから下流を射水(いみず)川と称していた。渋江川,山田川,旅川,子撫(こなで)川などの支流がある。藩政時代舟運に利用され,石動(いするぎ),福光,津沢などの町を発達させた。高岡市の発展に大きな役割を果たした伏木港はこの川の河口西岸につくられ,港を中心に大規模な工業地域が形成されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富山県の西部を流れる川。一級河川。県の南西端、石川県境の大門(だいもん)山(1572メートル)の東斜面から流れ、礪波平野(となみへいや)の西を山麓(さんろく)寄りに南砺(なんと)市、小矢部市、高岡市域を流れて富山湾に注ぐ。途中打尾(うちお)川、山田川、渋江(しぶえ)川など多くの支流を合する。延長68キロメートル、流域面積667平方キロメートル。江戸時代には河口から津沢(つざわ)まで年貢米などを運ぶ舟運の便があった。庄(しょう)川扇状地の末端に沿って流れるため礪波平野の農業用水などの排水河川となっている。上流に多目的の刀利ダム(とうりだむ)があり、下流域に灌漑(かんがい)用水を供給するとともに、県営の小矢部川第一と第二発電所がある。河口は伏木(ふしき)港となっており、高岡市街から伏木までの流域は各種の工場が多い工業地帯である。

[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小矢部川の関連情報