コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜宮造(り) リュウグウヅクリ

デジタル大辞泉の解説

りゅうぐう‐づくり【竜宮造(り)】

楼門の形式の一。下部は漆喰塗(しつくいぬ)りで、その中央にアーチ形の通路を開き、上部は木造の軒と入母屋の屋根とするもの。日光大猷院皇嘉門や長崎の崇福寺(そうふくじ)山門など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

竜宮造(り)の関連キーワード崇福寺楼門

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android