コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜派禅珠 りゅうは ぜんしゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜派禅珠 りゅうは-ぜんしゅ

1549-1636 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)18年生まれ。臨済(りんざい)宗。奇文禅才(きもん-ぜんざい)の法をつぐ。足利学校にまなび,武蔵(むさし)足立郡芝村(埼玉県)長徳寺の中興開山(かいさん)となる。慶長7年足利学校庠主(しょうしゅ)(校長),15年鎌倉建長寺住持。寛永13年4月20日死去。88歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。俗姓は金子。号は寒松。著作に「寒松稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の竜派禅珠の言及

【建長寺】より

…1414年(応永21)大火にあい,26年にも火災にあっている。さらに,永享の乱以降は衰微したが,戦国時代には玉隠英璵が出て,五山文芸を復興させ,戦国期末から江戸初期にかけては竜派禅珠(りゆうはぜんじゆ)が住持となり,幻住派(げんじゆうは)という形式的な禅を導入した。この禅珠は足利学校を再興したほどの人物であった。…

※「竜派禅珠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

竜派禅珠の関連キーワード岡田幸樹藤田清二細川智三日和佐裕子竹内清人久保和明ケットの乱日本史ケットケット一揆

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android