コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜派禅珠 りゅうは ぜんしゅ

1件 の用語解説(竜派禅珠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜派禅珠 りゅうは-ぜんしゅ

1549-1636 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)18年生まれ。臨済(りんざい)宗。奇文禅才(きもん-ぜんざい)の法をつぐ。足利学校にまなび,武蔵(むさし)足立郡芝村(埼玉県)長徳寺の中興開山(かいさん)となる。慶長7年足利学校庠主(しょうしゅ)(校長),15年鎌倉建長寺住持。寛永13年4月20日死去。88歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。俗姓は金子。号は寒松。著作に「寒松稿」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の竜派禅珠の言及

【建長寺】より

…1414年(応永21)大火にあい,26年にも火災にあっている。さらに,永享の乱以降は衰微したが,戦国時代には玉隠英璵が出て,五山文芸を復興させ,戦国期末から江戸初期にかけては竜派禅珠(りゆうはぜんじゆ)が住持となり,幻住派(げんじゆうは)という形式的な禅を導入した。この禅珠は足利学校を再興したほどの人物であった。…

※「竜派禅珠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜派禅珠の関連キーワード山本養仙常行荒川養鉄木村養元順専正玄正山雪林等木吉田林庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone