コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜眼 リュウガン

2件 の用語解説(竜眼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐がん【竜眼】

ムクロジ科の常緑小高木。葉は羽状複葉で、互生。春、黄白色の芳香のある小花を円錐状につけ、夏に淡褐色の球形の実を結ぶ。中の白色多肉の仮種皮は甘く、生食し、また漢方で用いる。中国南部の原産。
天子の目。りょうがん。
「―より御涙を流させ給ひ」〈盛衰記・七〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうがん【竜眼】

ムクロジ科の常緑高木。中国南部原産とされる。果樹として栽培。葉は羽状複葉。雌雄異株。春、黄白色の五弁花が大形の円錐花序につく。果実は球形で径約3センチメートル。果肉は乳白色で特有の風味があり生食される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の竜眼の言及

【一弦琴】より

…胴の長さ3尺6寸6分(約111cm),幅は頭部3寸5分(約11cm),尾部2寸6分(約8cm)くらい。頭部の端を竜頭(りゆうず),尾端を竜尾といい,竜頭の近くにある竜眼に通した弦を竜尾の近くに立てた転軫(てんじん)に巻いて止める。転軫を立てる孔を竜孔という。…

※「竜眼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜眼の関連情報