コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜造寺家兼 りゅうぞうじ いえかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜造寺家兼 りゅうぞうじ-いえかね

1454-1546 室町-戦国時代の武将。
享徳3年生まれ。少弐(しょうに)氏の臣。肥前水ケ江城(佐賀県)城主。大内氏の侵攻をはばみ勢力をのばすが,天文(てんぶん)14年陰謀にあい筑後(ちくご)に追われる。同年城奪回に成功し,竜造寺氏中興の祖といわれた。天文15年3月10日死去。93歳。号は剛忠。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竜造寺家兼の関連キーワード水ケ江家兼竜造寺隆信諫早茂敬鍋島清房少弐時尚徳島胤順

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android