竦動(読み)ショウドウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐どう【×竦動】

つつしみかしこまること。また、恐れて身を縮めること。
「あの家にいた時にふと起した―を再び起して」〈白鳥・人生恐怖図〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうどう【竦動】

( 名 ) スル
かしこまること。また、身がすくみ、恐れを感じること。 「吾一生の命運を思ふ時は心魂の-するを覚ゆ/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android