コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竦動(読み)ショウドウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐どう【×竦動】

つつしみかしこまること。また、恐れて身を縮めること。
「あの家にいた時にふと起した―を再び起して」〈白鳥・人生恐怖図〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうどう【竦動】

( 名 ) スル
かしこまること。また、身がすくみ、恐れを感じること。 「吾一生の命運を思ふ時は心魂の-するを覚ゆ/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android