コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竪窯 たてがま

2件 の用語解説(竪窯の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

竪窯【たてがま】

耐火煉瓦で内張りした直立円筒形(高さ9〜10m,内径約2.3mのものが多い)の昇炎式の窯。原料を石炭コークス等の燃料とともに装入して焼成する。熱経済はよいが,きれいな焼成はできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たてがま【竪窯 shaft kiln】

シャフトキルンともいう。セラミックスの低級原料を焼成するために利用される円筒形立形の窯。窯は上部から予熱帯,焼成帯,冷却帯で構成される。焼成ガスを通りやすくするため固体燃料を用いるのが原則であるが,補助的に側面からバーナーで加熱する場合もある。頂部から塊状の被焼成物と固体燃料を交互に投入するか,被焼成物と固体燃料を造粒して投入する。被焼成物は焼成帯から発生する排ガスと接触して予熱されながら下方へ移動し,焼成帯に達し最高温度となり反応を完了する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の竪窯の言及

【窯】より

…窯を作業面から分類すると,連続窯とバッチ窯とになる。
[連続窯]
 トンネル窯ロータリーキルン(回転窯),タンク窯竪窯(シャフト窯)がある。トンネル窯は,被焼成物を台車の上にのせ,入口から予熱部,焼成部,冷却部,出口へと移動させる。…

※「竪窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竪窯の関連キーワードセラミックエンジンバイオセラミックスファインセラミックスニューセラミックスエンジニアリングセラミックスエレクトロニックセラミックスセラミック工具セラミックセンサーセラミックターボセラミックヒーター

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone