竪窯(読み)たてがま

  • 竪窯 shaft kiln

百科事典マイペディアの解説

耐火煉瓦で内張りした直立円筒形(高さ9〜10m,内径約2.3mのものが多い)の昇炎式の。原料を石炭コークス等の燃料とともに装入して焼成する。熱経済はよいが,きれいな焼成はできない。石灰石,ドロマイトマグネサイト等の塊状原料の【か】焼(かしょう),セメントクリンカーの焼成に利用。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャフトキルンともいう。セラミックスの低級原料を焼成するために利用される円筒形立形の窯。窯は上部から予熱帯,焼成帯,冷却帯で構成される。焼成ガスを通りやすくするため固体燃料を用いるのが原則であるが,補助的に側面からバーナーで加熱する場合もある。頂部から塊状の被焼成物と固体燃料を交互に投入するか,被焼成物と固体燃料を造粒して投入する。被焼成物は焼成帯から発生する排ガスと接触して予熱されながら下方へ移動し,焼成帯に達し最高温度となり反応を完了する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の竪窯の言及

【窯】より

…窯を作業面から分類すると,連続窯とバッチ窯とになる。
[連続窯]
 トンネル窯ロータリーキルン(回転窯),タンク窯竪窯(シャフト窯)がある。トンネル窯は,被焼成物を台車の上にのせ,入口から予熱部,焼成部,冷却部,出口へと移動させる。…

※「竪窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android