盤割(読み)ばんかつ(英語表記)discoidal cleavage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盤割
ばんかつ
discoidal cleavage

動物卵の卵割の一型。卵黄が極度に多い端黄卵の盤状の原形質部,すなわち胚盤で起る卵をいう。魚類爬虫類鳥類軟体動物頭足類の卵でみられる。胚盤は分裂の進行につれ,次第に植物極側に向って伸展し,盤状胞胚を形成する。分割腔は胚盤と卵黄の間隙の部分につくられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんかつ【盤割】

受精卵の部分割で、動物極付近だけでおこり、胚盤をつくる卵割様式。(魚類・爬虫類・鳥類・頭足類など)卵黄の多い端黄卵にみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばん‐かつ【盤割】

〘名〙 動物の卵割様式の一つ。部分割の一種で、卵のうち、卵黄の少ない一端(胚盤)だけで卵割が起こるもの。鳥類・爬虫類・魚類および軟体動物の頭足類の卵などに見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の盤割の言及

【卵割】より

… 卵の貯蔵物質の中で,しばしば大きな顆粒(かりゆう)の形をとり,量的にも多い卵黄は,卵割のパターンに影響を与える。卵黄の量が比較的少ないウニや哺乳類などの卵は,通常の細胞分裂と同じように,完全に2個ずつの割球に分裂する全割を行うが,魚類や鳥類のように卵黄の量がおびただしくなると,卵割は卵表面のごく限られた扁平な領域でのみ行われる盤割となる。この場合の卵割は,卵黄に接する部分の細胞質が完全には仕切られない部分割である。…

※「盤割」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android