コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競売法 けいばいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

競売法
けいばいほう

明治 31年法律 15号。一定の原因に基づき当事者の申立てにより,国家機関が行う競売を規定した法律。民事執行法の制定に伴い廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいばい‐ほう〔‐ハフ〕【競売法】

民法または商法の規定により、動産不動産競売をする場合に、その手続きを規定した法律。明治31年(1898)制定。昭和54年(1979民事執行法に吸収されて廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例