コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本義太夫(初代) たけもと ぎだゆう

1件 の用語解説(竹本義太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本義太夫(初代) たけもと-ぎだゆう

1651-1714 江戸時代前期-中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
慶安4年摂津東成郡(大阪府)天王寺村の農家に生まれる。清水理兵衛に師事,貞享(じょうきょう)元年竹本義太夫を名のり,大坂道頓堀に竹本座を創設。近松門左衛門と提携して,人情を表現する近世浄瑠璃の語りである義太夫節を確立。「曾根崎心中」「冥途の飛脚」などを上演した。正徳(しょうとく)4年9月10日死去。64歳。本名は五郎兵衛。受領(ずりょう)名は筑後掾(ちくごのじょう)。
【格言など】節に節あり。節に節なし。ことばに節あり。ことばに節なし

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

竹本義太夫(初代)の関連キーワード常行相沢定常井上久斎江志知辰大野秀和三条実治清水静井太兵衛遠山友春吉田孤山

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone