竹本義太夫(初代)(読み)たけもと ぎだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本義太夫(初代) たけもと-ぎだゆう

1651-1714 江戸時代前期-中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
慶安4年摂津東成郡(大阪府)天王寺村の農家に生まれる。清水理兵衛に師事,貞享(じょうきょう)元年竹本義太夫を名のり,大坂道頓堀に竹本座を創設。近松門左衛門と提携して,人情を表現する近世浄瑠璃の語りである義太夫節を確立。「曾根崎心中」「冥途の飛脚」などを上演した。正徳(しょうとく)4年9月10日死去。64歳。本名は五郎兵衛。受領(ずりょう)名は筑後掾(ちくごのじょう)。
【格言など】節に節あり。節に節なし。ことばに節あり。ことばに節なし

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android