コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹馬光篤 ちくま こうとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹馬光篤 ちくま-こうとく

1419-1471 室町時代の僧。
応永26年生まれ。曹洞(そうとう)宗。一休宗純にしたがい出家。のち丹波氷上郡(兵庫県)円通寺の虚屋性宙(こおく-しょうちゅう)の法をつぎ,長禄(ちょうろく)3年同寺の住職となる。その後丹波永沢寺(ようたくじ)(兵庫県)にうつった。文明3年9月27日死去。53歳。陸奥(むつ)白石(宮城県)出身。俗姓は佐竹。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹馬光篤の関連キーワード安室永忍室町時代順翁慶随

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android