笄蛭(読み)コウガイビル

デジタル大辞泉の解説

こうがい‐びる〔かうがい‐〕【××蛭】

渦虫綱コウガイビル科の扁形動物プラナリアの仲間。体は平たく細長いひも状で、前端半月形に広がる。体長5~15センチのものが多いが、80センチに達するものもある。全体に黒色または黄色。陸上の湿った所にすみ、カタツムリミミズなどを食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうがいびる【笄蛭】

コウガイビル科の扁形動物の総称。体は細長く、幅2~4ミリメートル、長さ5~80センチメートル。頭部は半月形に横に広がり、笄に似る。口は体の中央部に開く。吸盤はない。湿地にすむ。再生力が強く、実験に用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

笄蛭 (コウガイビル)

動物。コウガイビル科の動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうがい‐びる かうがい‥【笄蛭】

〘名〙 コウガイビル科に属する扁形動物の総称。体長五~一二センチメートル。体はヒル類に似ているがプラナリアの仲間で、体に節および吸盤がない。頭は扁平で横に半月形にのび、くびは細い。頭の形がに似ていることからこの名がある。体色は黒または黒みがかっただいだい色で、種類によって一本または三本の黒いたてすじがある。湿地の朽葉などにすみ、ミミズ、カタツムリなどを食べて生活し、再生力が強い。クロイロコウガイビルが代表種。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉後「石塔のうへにはよく笄蛭(カウガイビル)がはってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android