笙歌(読み)ショウカ

大辞林 第三版の解説

しょうか【笙歌】

〔古くは「しょうが」〕
笙にあわせて歌うこと。またその歌。せいか。

せいか【笙歌】

しように合わせて歌を歌うこと。また、その歌。しょうか。 「 -遥かに聞こゆ孤雲の上/平家 灌頂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐か シャウ‥【笙歌】

〘名〙 (古くは「しょうが」) 笙に合わせて歌をうたうこと。また、その歌。せいか。
※菅家文草(900頃)五・七夕秋意「竹窓風動笙歌暁、意緒将穿月下針」 〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔礼記‐檀弓上〕

せい‐か【笙歌】

〘名〙 (「せいが」とも) 笙(しょう)に合わせて歌をうたうこと。また、その歌。しょうか。
※屋代本平家(13C前)一二「大江貞元法師が五台山之麓清凉山に住みける詠じたりし『笙哥(セイカ)遙聞孤雲上、聖衆来迎落日前』とも書かれたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android