コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲上 ウンジョウ

2件 の用語解説(雲上の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うん‐じょう〔‐ジヤウ〕【雲上】

《古くは「うんしょう」》
[名]
雲の上。
一般から離れた所。特に、宮中。
「急ぎ大しうを―へ召され」〈伽・七草草紙〉
[形動ナリ]ようすや態度が高貴なように見えるさま。また、偉そうな感じを与えるさま。
「人が軽(かろ)しむると心得て―にばかり構へ」〈浮・禁短気・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うんじょう【雲上】

〔古くは「うんしょう」〕
( 名 )
雲の上。
宮中。禁中。 「 -の花の宴/謡曲・葵上」
( 形動ナリ )
高貴なさま。高尚なさま。お高いようす。 「人が軽しむると心得て-にばかり構へ/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雲上の言及

【殿上の間】より

…また末の柱から校書殿(きようしよでん)の後に綱を張り鈴をつけ,蔵人が小舎人(ことねり)を呼ぶときに鳴らした。侍,侍所,殿上侍,上侍,雲上,雲路等の別称がある。また院の御所にも殿上の間があった。…

※「雲上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雲上の関連キーワード焮衝焼失正真正銘承諾敏捷雲消霧散雲外玄嶂雲荘徳慶

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雲上の関連情報