コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲上 ウンジョウ

デジタル大辞泉の解説

うん‐じょう〔‐ジヤウ〕【雲上】

《古くは「うんしょう」》
[名]
雲の上。
一般から離れた所。特に、宮中。
「急ぎ大しうを―へ召され」〈伽・七草草紙〉
[形動ナリ]ようすや態度が高貴なように見えるさま。また、偉そうな感じを与えるさま。
「人が軽(かろ)しむると心得て―にばかり構へ」〈浮・禁短気・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんじょう【雲上】

〔古くは「うんしょう」〕
( 名 )
雲の上。
宮中。禁中。 「 -の花の宴/謡曲・葵上」
( 形動ナリ )
高貴なさま。高尚なさま。お高いようす。 「人が軽しむると心得て-にばかり構へ/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雲上の言及

【殿上の間】より

…また末の柱から校書殿(きようしよでん)の後に綱を張り鈴をつけ,蔵人が小舎人(ことねり)を呼ぶときに鳴らした。侍,侍所,殿上侍,上侍,雲上,雲路等の別称がある。また院の御所にも殿上の間があった。…

※「雲上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲上の関連キーワード云・吽・暈・蘊・運・雲ブルージェット八幡平(市)野生司 香雪天保六花撰物田中 万逸平敷屋朝敏ペークミー野生司香雪金武 良仁新垣 松含スプライト河内山宗春浮世草子惣慶忠義八橋検校橋本亜紀雲上明覧津雲貝塚速水房常

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲上の関連情報