コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笙野頼子 ショウノヨリコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笙野頼子 しょうの-よりこ

1956- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和31年3月16日生まれ。昭和56年「極楽」で群像新人文学賞。現代女性の存在の不安を,現実と妄想の交錯のなかに追いつづけ,平成3年「なにもしてない」で野間文芸新人賞,6年「二百回忌」で三島由紀夫賞,「タイムスリップ・コンビナート」で芥川賞をうける。13年「幽界森娘異聞」で泉鏡花賞。17年「金毘羅」で伊藤整文学賞。26年「未闘病記―膠原病、『混合性結合組織病』の」で野間文芸賞。三重県出身。立命館大卒。本名は市川頼子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笙野頼子の関連キーワードタイムスリップコンビナート何もしてない松浦理英子鹿島田真希女流文学昭和

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笙野頼子の関連情報