コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠原四郎左衛門 かさはら しろうざえもん

2件 の用語解説(笠原四郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠原四郎左衛門 かさはら-しろうざえもん

?-? 江戸時代前期の柔術家。
元禄(げんろく)(1688-1704)ごろの人。筑前(ちくぜん)(福岡県)黒田氏の家臣。幼少より柔術をこのみ,良移心当流和(りょういしんとうりゅうやわら)を黒沢丹宮(たみや)にまなぶ。その術にすぐれ,門人もおおかった。名は一春。号は柔楽。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠原四郎左衛門
かさはらしろうざえもん

近世の柔術家。元禄(げんろく)(1688~1704)ごろの人。筑前(ちくぜん)黒田氏の家臣で、名は一春(かずはる)、柔楽(じゅうらく)と号した。少年時代より柔術を好み、福野七郎右衛門を祖とする良移心当和(りょういしんとうやわら)を松平大膳大夫(だいぜんだいぶ)(長州)家中の黒沢丹宮(たみや)に学び、その精妙をうたわれ、門人も多かった。その門流は福岡、久留米(くるめ)両藩に伝えられ、幕末に及んだ。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠原四郎左衛門の関連キーワード今川久太夫江畑木工右衛門関口氏業関口氏英高橋玄門斎深沢又市福島平九郎三浦義辰吉岡宮内左衛門吉村兵助

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone