コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠取山 カサトリヤマ

3件 の用語解説(笠取山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かさとり‐やま【笠取山】

京都府宇治市北東部の山。醍醐山(だいごさん)の東にある。標高371メートル。紅葉の名所。[歌枕]
「雨ふれば―のもみぢばは行きかふ人の袖さへぞてる」〈古今・秋下〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕笠取山(かさとりやま)


三重県中部、布引(ぬのびき)山地北部にある山。標高842m。青山(おやま)高原の北に連なる山頂は平坦(へいたん)で県道が通じ、航空自衛隊レーダー基地や肉牛育成センターがある。室生赤目(むろうあかめ)青山国定公園の北端に位置し、南に続く青山高原とともにツツジススキの名所。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の笠取山の言及

【醍醐寺】より

…874年(貞観16)に聖宝(しようぼう)が創建。のちに上醍醐と呼ばれるようになった笠取山の山頂に,如意輪・准胝両観音を安置する堂宇を建てたことに始まるとされる。当時笠取山の西麓一帯に住みついていた宮道氏は,その娘が藤原高藤の妻となり,その間に生まれた胤子が醍醐天皇の母となったために,勢力を増した。…

※「笠取山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠取山の関連情報