コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠貝 カサガイ

デジタル大辞泉の解説

かさ‐がい〔‐がひ〕【×笠貝】

ツタノハガイ科の巻き貝。潮間帯の岩礁にすむ。貝は笠状で、殻径8センチくらい。殻表は放射状の肋(ろく)が走り、淡褐色。小笠原諸島に分布し、天然記念物。また、一般に笠状の殻をもつ貝をいい、ヨメガカサガイなどがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かさがい【笠貝】

海産の巻貝。殻は巻かずに笠を伏せたような形で、殻長8センチメートル、殻高4センチメートル 内外。表面は淡黄褐色。小笠原諸島に分布。
殻の形が笠に似ている貝の俗称。ヨメガカサ・カモガイなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

笠貝 (カサガイ)

動物。笠形をした殻をもつ貝の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

笠貝の関連キーワード南三陸金華山国定公園ツタノハガイ科江島(宮城県)ヨメガカサ牡鹿半島動物江島

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android