コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹沢美明 ささざわ よしあき

1件 の用語解説(笹沢美明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹沢美明 ささざわ-よしあき

1898-1984 大正-昭和時代の詩人,ドイツ文学者。
明治31年2月6日生まれ。笹沢左保の父。多田不二の詩誌「帆船」同人。「詩と詩論」にリルケや新即物主義文学を翻訳,紹介。昭和15年「蜜蜂の道」で文芸汎論賞。詩集はほかに「海市帖」「形体詩集 おるがん調」など。昭和女子大,工学院大の教授を歴任。昭和59年3月29日死去。86歳。神奈川県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。
【格言など】わたくしは ときどき ことばをさがす,なくした品物を さがすときのように(「朗読ラジオ詩集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笹沢美明の関連キーワード朝鮮映画NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)交通事故社会小説史籍集覧Dumb Type天宮良吉川晃司ACTIONトヨタMR2

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone