コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹沢美明 ささざわ よしあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹沢美明 ささざわ-よしあき

1898-1984 大正-昭和時代の詩人,ドイツ文学者。
明治31年2月6日生まれ。笹沢左保の父。多田不二の詩誌「帆船」同人。「詩と詩論」にリルケや新即物主義文学を翻訳,紹介。昭和15年「蜜蜂の道」で文芸汎論賞。詩集はほかに「海市帖」「形体詩集 おるがん調」など。昭和女子大,工学院大の教授を歴任。昭和59年3月29日死去。86歳。神奈川県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。
【格言など】わたくしは ときどき ことばをさがす,なくした品物を さがすときのように(「朗読ラジオ詩集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笹沢美明の関連キーワード2月6日村野四郎夜の賛歌笹沢左保

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android