コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等々力孫一郎 とどろき まごいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

等々力孫一郎 とどろき-まごいちろう

1761-1831 江戸時代中期-後期の治水家。
宝暦11年生まれ。信濃(しなの)(長野県)安曇郡(あずみぐん)柏原村庄屋。奈良井川から烏川堰(からすがわぜき)にそそぐ水路開削を計画。寛政2年ごろから測量をはじめ,白沢民右衛門らと協力して文化13年,10ヵ村にまたがる16kmの灌漑(かんがい)用水路(拾ケ堰(じっかせき))を完成させ,1000haの新田をひらいた。天保(てんぽう)2年5月20日死去。71歳。本姓は中田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

等々力孫一郎の関連キーワードシャルルボアシュパンベルグスパンベルグラモーの甥北尾派バーラージー・バージー・ラーオ上田秋成ショアズールポンディシェリ小島典膳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android