コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋金 スジガネ

デジタル大辞泉の解説

すじ‐がね〔すぢ‐〕【筋金】

補強のために貼りつける細長い金属。
歌舞伎で、荒事武者が使用する、筋1を打った籠手(こて)・脛当(すねあて)を表したもの。古くは金銀糸の縫いとりをした筒袖の襦袢(ジュバン)を厚綿物の下に着込んだが、現在は小道具の一つで、金銀色の筋をつけた緋色や萌黄(もえぎ)色の布地。
石膏(せっこう)の型をとるときに型をじょうぶにするために用いる針金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すじがね【筋金】

物を堅固にするために、内部にはめこんだ金属製の線や棒。
芝居の小道具。を打った籠手こて・脛すね当てを表したもの。古くは筒袖の襦袢ジバンに金糸の縫いとりをするなどして表した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筋金の関連キーワードヴァルター ヴェルトローニジェームス ムーディDerailers手鉤・手鈎志水 速雄新しい階級ノームコアシニャック東郷 文彦ラ・グーマハードコアラーコシ三浦 鑿十文字轡筋金入り杉贋阿弥小道具金銀糸前田登ポーク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android