コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑摩川 ちくまがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑摩川
ちくまがわ

長唄の曲名。 1879年 10月東京新富座『鏡山錦もみじ葉』 (かがみやまにしきのもみじば) で初演。作詞河竹黙阿弥,作曲3世杵屋正次郎加賀騒動で鳥居又助が大領義信公を暗殺しようとする筑摩川の場面に用いた。筑摩川の激流とそれを乗切るありさまを描写した大薩摩 (おおざつま) 特有の豪壮な曲。大薩摩の代表曲といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

筑摩川【ちくまがわ】

長唄の曲名。河竹黙阿弥作詞,3世杵屋正次郎作曲。1879年初演。加賀騒動を扱った歌舞伎加賀見山》の6幕目の筑摩川乗切りの場面に使った曲で,豪快な大薩摩節の手を多く使って人気が高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくまがわ【筑摩川】

長唄の曲名。1879年10月,東京新富座初演。河竹黙阿弥作詞。3世杵屋(きねや)正次郎作曲。《鏡山錦栬葉(かがみやまにしきのもみじば)》という加賀騒動の狂言で,大月蔵人が鳥居又助に命じ,加賀の太守を殺させようとする場面に用いられた大薩摩物(おおざつまもの)。曲は本調子で,初め満水の筑摩川の叙景があり,又助が探り出る〈忍びの合方〉,つづいて勇壮な水馬のようすを表すが,ここへは人馬のひしめきを描いた〈初月の合方〉が入る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

筑摩川の関連キーワード芳村 伊十郎(6代目)長唄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑摩川の関連情報