コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちくzhu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ちく
zhu

中国古代から宋代頃までの弦楽器。戦国時代末に北方の燕,斉,趙などで行われた。漢代の筑は箏に似るがが細く,5弦をもち竹棒状のもので打鳴らした。のちに 13弦になり,陳ようの『楽書』によれば,唐,宋代の筑は長さ4尺2寸 (約 130cm) ,頸が細く肩が丸く左手で持ち右手の竹で鳴らした。柱で調律し,第1弦黄鐘 (おうしき) 正声から第 13弦黄鐘清声まで十二律により調弦したらしい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちく【筑】

中国古代の弦楽器。琴に似た形で一三弦。竹で弦を打って鳴らす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

筑の関連キーワード茨城県筑西市福岡新田茨城県筑西市井出蛯沢茨城県筑西市嘉家佐和茨城県筑西市上川中子茨城県筑西市海老ヶ島茨城県筑西市上西郷谷茨城県筑西市新井新田茨城県筑西市一本松茨城県筑西市市野辺茨城県筑西市石原田茨城県筑西市海老江茨城県筑西市旭ヶ丘茨城県筑西市東石田茨城県筑西市東榎生茨城県筑西市藤ケ谷茨城県筑西市東保末茨城県筑西市稲野辺茨城県筑西市伊佐山茨城県筑西市上中山茨城県筑西市向上野

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑の関連情報