コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒井定次 つつい さだつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筒井定次 つつい-さだつぐ

1562-1615 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
永禄(えいろく)5年生まれ。従兄筒井順慶の養子となり,天正(てんしょう)12年その遺領をつぎ大和(奈良県)郡山城主。翌年伊賀(いが)(三重県)上野にうつり20万石の領主となる。文禄(ぶんろく)元年長崎でバリニャーノから受洗関ケ原の戦いでは徳川家康にしたがい所領を安堵(あんど)されるが,慶長13年改易(かいえき)され,さらに豊臣方に通じていた疑いで死を命じられ,慶長20年3月5日自害した。54歳。本姓は慈明寺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

筒井定次 (つついさだつぐ)

生年月日:1562年5月5日
安土桃山時代;江戸時代前期のキリシタン;大名
1615年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の筒井定次の言及

【伊賀国】より

…【稲葉 伸道】
【近世】
 1581年に織田信長が大軍を投入して平定(伊賀の乱),〈亡所〉と記されたほどの徹底した破壊は,農村構造にも大きな影響を与えた。以後,滝川,脇坂氏を経て,85年,豊臣秀吉により筒井定次が大和から伊賀5万石に移封され上野に居城を築いた。定次は関ヶ原の戦で東軍に属したが,1608年(慶長13)改易となり,伊予から藤堂高虎が入封した。…

【上野[市]】より

…古代から盆地の中心地として伊賀国府,および国分寺(跡は史跡)がおかれ,条里が整えられた。天正年間(1573‐92)に筒井定次が築城し,1608年(慶長13)以降明治までは津藩藤堂家の支配下にあった。内陸盆地に位置したうえ,1897年開通した関西鉄道(現,JR関西本線)は市街地より3km北に敷設され戦災を免れたため,現在も城下町の面影を比較的よく残している。…

※「筒井定次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筒井定次の関連キーワード上野(三重県)多羅尾光雅キリシタン三重(県)上野[市]桃ケ谷国仲上野城跡生年月日松倉重政御庭焼上野城名張城伊賀焼上野藩津藩

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android