策問(読み)さくもん

精選版 日本国語大辞典「策問」の解説

さく‐もん【策問】

〘名〙
① 古く、中国で、官吏登用試験の際に、問題を出して、経義政治についての試問をすること。また、その試問の文章。日本でも平安時代以降行なわれた。策試対策
制度通(1724)六「の時、策士の法は、上みより問をいだして」 〔後漢書‐和帝紀〕
文書で方法や手段をたずねること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「策問」の解説

さく‐もん【策問】

、中国の官吏登用試験で、策(問題)を与えて経義や政治に関する意見を試問すること。またその試問の文章。策試。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android