コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕作元八 みのつくり げんぱち

美術人名辞典の解説

箕作元八

史学家。津山の蘭学者箕作秋坪の四子。東京外語学校で英語を学び、明治18年帝国大学理科大学を卒業、翌年ドイツに留学しロイズマン教授につき動物学を研究、更にハイデンブルグ及びベルリン各大学で史学理学等を修め帰国する。後仏国に留学し帰朝して帝国大学文科の教授となる。川柳及び俳句を善くし南亭と号する。大正8年(1919)歿、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みつくり‐げんぱち【箕作元八】

[1862~1919]歴史学者。岡山の生まれ。菊池大麓(だいろく)の弟。動物学を修めたが、のち歴史学に転じ、西洋史を研究。東大教授。著「西洋史講話」「フランス大革命史」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

箕作元八【みつくりげんぱち】

歴史学者。箕作秋坪(しゅうへい)の子,佳吉の弟。東大卒。初め動物学を修めてドイツ留学。その間歴史学に転じトライチュケランケに学んだ。1902年東大教授となり,近代史を講じ,日本における西洋史学の基礎を作った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕作元八 みつくり-げんぱち

1862-1919 明治-大正時代の西洋史学者。
文久2年5月29日生まれ。箕作秋坪(しゅうへい)の4男。ドイツで動物学をまなぶが,近視のため史学にうつる。高等師範教授などをへてフランスに留学し革命史を研究。明治35年東京帝大教授となり,西洋史学の確立に尽力した。大正8年8月9日死去。58歳。江戸出身。東京大学卒。著作に「西洋史講話」「仏蘭西(フランス)大革命史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

箕作元八

没年:大正8.8.9(1919)
生年:文久2.5.29(1862.6.26)
明治大正期に近代歴史学としての西洋史研究の体系と方法を確立した先駆的研究者。5月25日誕生説もある。美作(岡山県)津山出身の洋学者箕作秋坪(幕府外国奉行翻訳方)とつねの4男。兄たちもみな学者であった。東京大学で動物学を学び,大学院時代にドイツに留学,強度の近眼のため専攻を歴史学研究に改め,ランケ最晩年の学風を学んだ。フランス革命史を中心に研究し,チュービンゲン大学で学位を受けた。明治25(1892)年帰国,高等師範学校教授兼帝国大学講師として講義を行い,32年再度ドイツ,フランスに留学して,フランス革命史中心の実証的研究を深め,34年に帰国,東京帝国大学教授として,西洋史学科の講座を確立し,また文部省の高校以下の教授要目の充実にも尽くした。<著作>『西洋史講話』『フランス大革命史』前後編『ナポレオン時代史』『南亭史説話』

(松島榮一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつくりげんぱち【箕作元八】

1862‐1919(文久2‐大正8)
日本の西洋史学の開拓者。箕作秋坪の四男として生まれる。東京帝国大学理科大学を卒業し,1886年ドイツに留学し,当初,動物学を学んだが,強度の近視のため史学に転じ,H.vonトライチュケ,L.vonランケに学ぶ。92年帰国し,一高の教師となるが,1900年フランスに留学,おもに革命史を研究する。02年帰国し,東大文科の西洋史教授となる。その著書《西洋史講話》全2巻(1910)は,日本最初の西洋史概説の体系書である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みつくりげんぱち【箕作元八】

1862~1919) 歴史学者。江戸の人。秋坪しゆうへいの四男。動物学を学び、のち西洋史を研究。東大教授。著「フランス大革命史」「ナポレオン時代史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箕作元八
みつくりげんぱち

[生]文久2(1862).5.29. 美作
[没]1919.8.9. 東京
明治の史学者。西洋史学の開拓者。蘭学者箕作秋坪の4男。東京外国語学校で英語,東京大学で動物学を学んだ。卒業後動物学研究のため渡独したが,強度の近視のために史学に転じて7年間にわたり,テュービンゲンハイデルベルク,ベルリンなどの諸大学でヨーロッパ近代史,特にフランス革命,ナポレオン時代を研究,H.トライチュケ,L.ランケらに師事。帰国後第一高等学校教授となった。 1899~1902年史学研究のため渡仏し,帰国して東京大学文科大学教授となった。主著『西洋史講話』『仏蘭西大革命史』 (1919) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕作元八
みつくりげんぱち
(1862―1919)

明治・大正時代の歴史学者。蘭学(らんがく)者秋坪(しゅうへい)の四男。津山藩医で蘭学者の阮甫(げんぽ)の末孫。数学者で東京帝国大学総長、のち文部大臣となった菊池大麓(だいろく)の弟にあたる。文久(ぶんきゅう)2年5月29日、美作(みまさか)国(岡山県)津山に生まれる。動物学を志して東京大学に入り、理学部動物学科、同大学院を出て、1886年(明治19)ドイツのフライブルク大学に自費留学したが、近視のため歴史学に転向、チュービンゲン大学その他で西洋史学を研究、同大学で91年学位をとって翌年帰国。高等師範、一高の教授、東京帝国大学講師となり、99年より2年間のドイツ・フランス留学ののち、同大学教授、1903年(明治36)文学博士となる。著書に『西洋史講話』『世界大戦史』『仏蘭西(フランス)大革命史』などがある。大正8年8月9日東京で死去。[金井 圓]
『井手文子・柴田三千雄編『箕作元八・滞欧「箙梅日記」』(1984・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

箕作元八の関連キーワード井手文子箕作秋吉箕作佳吉箕作阮甫史学史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android