コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕作佳吉 ミツクリカキチ

7件 の用語解説(箕作佳吉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みつくり‐かきち【箕作佳吉】

[1857~1909]動物学者。江戸の生まれ。阮甫の孫。欧米で動物学を学び、帰国後に東京帝大で日本人初の動物学教授となる。三浦半島の三崎に日本最初の臨海実験所を設立。カメやナマコの研究で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

箕作佳吉【みつくりかきち】

動物学者。箕作秋坪の子。慶応義塾大学南校に学んだのち渡米,イェール大学などで動物学を修め,さらにケンブリッジ大学ではバルフォアに学ぶ。帰国後,東大動物学科の日本人として最初の教授となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕作佳吉 みつくり-かきち

1858*-1909 明治時代の動物学者。
安政4年12月1日生まれ。箕作秋坪(しゅうへい)の3男。大学南校をへてエール大,ケンブリッジ大に留学。明治15年東京大学教授,19年三崎臨海実験所を創設した。カメの発生学,ナマコの分類で知られ,また真珠の養殖に貢献した。明治42年9月16日死去。53歳。江戸出身。著作に「通俗動物新論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

箕作佳吉

没年:明治42.9.16(1909)
生年:安政4.12.1(1858.1.15)
明治期の動物学者。江戸鍛冶橋の生まれ。祖父は幕末の蘭医・箕作阮甫,父は秋坪,母はつね。箕作奎吾,菊池大麓は実兄,箕作元八は実弟,坪井正五郎は義弟。慶応義塾,大学南校(東大の前身)に学び,明治6(1873)年に渡米,動物学を修めて明治14年に帰国,翌年日本人として初めての東大動物学教授となり,没するまでその職にあった。明治19年に東大三崎臨海実験所を創設,海産動物の研究を軸として日本の動物学を自立させた。カメの発生学とナマコの分類で著名だが,遺伝学や生態学にも関心を示し,応用面では真珠やカキの養殖に寄与した。広い視野を持ち,留学中『東京日日新聞』にアメリカの政治,文化,社会にわたる寄稿を重ねたり,日露戦争時に政府から派遣されて米国世論の親日化に一役買うなどの側面もあった。<著作>『動物新論』<参考文献>磯野直秀「箕作佳吉」(『近代日本生物学者小伝』)

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みつくりかきち【箕作佳吉】

1857‐1909(安政4‐明治42)
明治初期の動物学者。江戸末期蘭学者箕作秋坪の子として江戸に生まれる。慶応義塾,大学南校に学んだあと,1878年アメリカのイェール大学に留学。ついでジョンズ・ホプキンズ大学,さらにイギリスのケンブリッジ大学で動物学を身につけ帰国。82年,外国人教師C.O.ホイットマンのあとを受け,日本人として初めて東京大学動物学教授となり,1909年に死ぬまで,その職にあった。その間,ナマコの分類,カメの発生などの研究,あるいは三崎臨海実験所(神奈川県三浦市)の開設など,日本の近代動物学の基礎づくりに貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みつくりかきち【箕作佳吉】

1857~1909) 動物学者。江戸の人。秋坪しゆうへいの三男。東京帝大理科大学長。日本での発生学の草分け。また、御木本幸吉の真珠養殖を指導。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕作佳吉
みつくりかきち
(1858―1909)

動物学者。津山藩医で洋学者箕作秋坪(しゅうへい)の三男として江戸に生まれる。数学者菊池大麓(だいろく)は実兄、史学者箕作元八(げんぱち)は実弟。慶応義塾、大学南校に学び、1873年(明治6)渡米、ハートフォード中学、レンサラー工科大学を経て、エール大学およびジョンズ・ホプキンズ大学で動物学を修めた。1881年、訪欧したのち帰国して東京大学に勤務、翌年日本人として最初の動物学教授となり、以後没するまでその職にあって、1886年に三崎臨海実験所を創設するなど、日本の動物学の発展に尽くした。カメの発生やナマコの分類の研究は世界的に著名であり、カキや真珠の養殖にも貢献した。1901~1907年まで東京帝国大学理科大学学長を務め、また女子教育にも熱心であった。著書に『通俗動物新論』(1895)、『普通教育動物学教科書』(1900)などがある。[磯野直秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箕作佳吉の関連キーワード飯島魁石川千代松鍛冶橋狩野会田竜雄飯塚啓池田岩治犬飼哲夫尾形探香合田得輔ストウクスベリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

箕作佳吉の関連情報