コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根羊歯 ハコネシダ

大辞林 第三版の解説

はこねしだ【箱根羊歯】

イノモトソウ科の常緑性シダ植物。暖地の山中の岩上に生える。葉は長さ約15センチメートルで、二、三回羽状に分枝し、羽片は質がかたく倒三角形で上端が裏に折り返り胞子囊のう群をおおう。葉柄は黒紫色で光沢がある。ハコネソウ。アジアンタム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android