コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根羊歯 ハコネシダ

デジタル大辞泉の解説

はこね‐しだ【箱根羊歯】

ウラボシ科の常緑多年生のシダ。山林下に生え、葉は長さ約15センチ、黒いつやのある柄をもち、羽状複葉羽片イチョウに似た形をしている。はこねそう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はこねしだ【箱根羊歯】

イノモトソウ科の常緑性シダ植物。暖地の山中の岩上に生える。葉は長さ約15センチメートルで、二、三回羽状に分枝し、羽片は質がかたく倒三角形で上端が裏に折り返り胞子囊のう群をおおう。葉柄は黒紫色で光沢がある。ハコネソウ。アジアンタム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

箱根羊歯 (ハコネシダ)

植物。イノモトソウ科の常緑多年草。ハコネソウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

箱根羊歯の関連キーワードアジアンタムウラボシ科