二心/弐心(読み)ジシン

デジタル大辞泉の解説

じ‐しん【二心/弐心】

にしん(二心)」に同じ。
「我忠を尽し国に報じ、死して―なきを明にし」〈東海散士佳人之奇遇

に‐しん【二心/弐心】

二つの心をもつ意から》
そむこうとする心。ふたごころ。じしん。「主君に―を抱く」
疑いの心。疑心

ふた‐ごころ【二心/弐心】

味方や主君にそむく心。裏切りの心。にしん。「―をいだく」
ふたりの人に同時に思いを寄せること。浮気心。
「―おはしますはつらけれど」〈宿木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたごころ【二心】

味方や主君にそむこうとする心。裏切りの心。にしん。 「 -を抱く」
浮気な心。あだし心。 「 -おはしますはつらけれど/源氏 宿木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android