篠本竹堂(読み)ささもと ちくどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠本竹堂 ささもと-ちくどう

1743-1809 江戸時代中期-後期の儒者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。幕臣。勘定格奥右筆所詰となる。井上金峨(きんが)にまなぶ。文章もたくみで,書にもすぐれた。文化6年9月5日死去。67歳。本姓は佐治。名は廉。字(あざな)は子温。通称は久兵衛別号に新斎。著作に「江戸春遊記」「北槎異聞」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android