コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サク

デジタル大辞泉の解説

さく【×簀】

簀(す)の子。す。
竹や木を編んで作った敷物。主に寝台の上に敷く。たかむしろ。

す【×簀】

割り竹・葦(あし)などを粗く編んだもの。「巻き」「葭(よしず)」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さく【簀】

すのこ。
竹を編んだむしろ。たかむしろ。
[句項目]

す【簀】

割り竹や葦あしを糸で粗く編んだもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【すだれ(簾)】より

…室内の仕切り,日よけなどに用いる。〈すだれ〉は簀垂(すだれ)であり,〈す(簀)〉は〈すきま〉から出た言葉でもとは敷物である。簀とみられる遺物は縄文時代からある。…

※「簀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

簀の関連キーワードクロッキーブックアンチークレイド立て巡らす・立巡らす葦簀張り・葦簀張簀巻き・簀巻簾麩・簾麸阿漕の平次葦簀張り揚げ簀戸葦簀囲い海苔干す簀を易う海苔漉き手巻き鮨海苔簀葡萄棚濡れ縁板海苔簀戸門小障子美栖紙

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簀の関連情報