(読み)サク

デジタル大辞泉の解説

さく【×簀】

簀(す)の子。す。
竹や木を編んで作った敷物。主に寝台の上に敷く。たかむしろ。

す【×簀】

割り竹・葦(あし)などを粗く編んだもの。「巻き」「葭(よしず)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さく【簀】

すのこ。
竹を編んだむしろ。たかむしろ。
[句項目] 簀を易う

す【簀】

割り竹や葦あしを糸で粗く編んだもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【すだれ(簾)】より

…室内の仕切り,日よけなどに用いる。〈すだれ〉は簀垂(すだれ)であり,〈す(簀)〉は〈すきま〉から出た言葉でもとは敷物である。簀とみられる遺物は縄文時代からある。…

※「簀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簀の関連情報