コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簓子 ササラコ

2件 の用語解説(簓子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ささら‐こ【×簓子】

壁板などを張るときに、羽重(はがさね)にした下見板押縁(おしぶち)として、縦に打ちつける細長い木材。裏側には下見板に合わせた刻みをつけ、板に密着するようにしてある。
1で簓竹とすり合わせて音を出すのに使う木の棒。長さ約30センチで、表面にのこぎりの歯形に刻みがつけてある。また、竹の棒の表面に多くの穴をあけたものもある。簓の子。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ささらこ【簓子】

〔「ささらのこ」とも〕
をこすって音を出す約30センチメートルの細長い竹。両面に一二ののこぎりの歯に似た刻み目をつけてある。
〘建〙 簓子下見において、下見板を押さえるために縦に取り付ける細長い材。双方が密着するように、裏には羽重ねの板の凹凸にしたがって刻み目がつけてある。 「峰は-の如く切られて/太平記 31

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone