コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠作 ロウサク

2件 の用語解説(籠作の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろう‐さく【籠作】

平安時代、荘園領域内の他の所有者の土地や荘外の出作り地を荘園の一部として取り込むこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ろうさく【籠作】

平安後期における荘域拡大の方法の一つで,四至内の公領や他の所有者の田地を荘田化すること。ときには四至外の出作田などを荘田にとり込む加納と同義に用いられる場合もある。〈こめさく〉ともいう。史料上の初見は1070年(延久2)7月7日の官宣旨にひかれた美濃国司の申状に,〈くだんの両荘(大井・茜部両荘)本免田各廿町のほか籠作公田六十八町余,おのおの荘田と称し国務にしたがわず。くだんの田卅余町前司藤原定房朝臣の任に奉免し,卅町前司源師良朝臣の任に御封未済の代に奉免するところなり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

籠作の関連キーワード点推定読唇術イフダン乾塩漬法経口投与三点試験法焙燻法曝気酸化池法ろ(濾)過年増法

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

籠作の関連情報