コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠作 ロウサク

2件 の用語解説(籠作の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろう‐さく【籠作】

平安時代、荘園領域内の他の所有者の土地や荘外の出作り地を荘園の一部として取り込むこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろうさく【籠作】

平安後期における荘域拡大の方法の一つで,四至内の公領や他の所有者の田地を荘田化すること。ときには四至外の出作田などを荘田にとり込む加納と同義に用いられる場合もある。〈こめさく〉ともいう。史料上の初見は1070年(延久2)7月7日の官宣旨にひかれた美濃国司の申状に,〈くだんの両荘(大井・茜部両荘)本免田各廿町のほか籠作公田六十八町余,おのおの荘田と称し国務にしたがわず。くだんの田卅余町前司藤原定房朝臣の任に奉免し,卅町前司源師良朝臣の任に御封未済の代に奉免するところなり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

籠作の関連情報