コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠作 ロウサク

デジタル大辞泉の解説

ろう‐さく【籠作】

平安時代、荘園領域内の他の所有者の土地や荘外の出作り地を荘園の一部として取り込むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろうさく【籠作】

平安後期における荘域拡大の方法の一つで,四至内の公領や他の所有者の田地を荘田化すること。ときには四至外の出作田などを荘田にとり込む加納と同義に用いられる場合もある。〈こめさく〉ともいう。史料上の初見は1070年(延久2)7月7日の官宣旨にひかれた美濃国司の申状に,〈くだんの両荘(大井・茜部両荘)本免田各廿町のほか籠作公田六十八町余,おのおの荘田と称し国務にしたがわず。くだんの田卅余町前司藤原定房朝臣の任に奉免し,卅町前司源師良朝臣の任に御封未済の代に奉免するところなり。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

籠作の関連キーワードトゥガナン平安時代大井荘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android