コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠手田安定

3件 の用語解説(籠手田安定の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

籠手田安定

貴族員議員。旧平戸藩士。元老院議官・島根県令・新潟県知事・滋賀県知事等を歴任。明治32年(1899)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

籠手田安定 こてだ-やすさだ

1840-1899 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)11年3月21日生まれ。肥前平戸藩(長崎県)藩主松浦詮(まつら-あきら)の近習をつとめる。維新後は滋賀県令をへて元老院議官。のち島根,新潟,滋賀の県知事を歴任。剣を山岡鉄舟にまなび,免許をえた。貴族院議員。男爵。明治32年3月30日死去。60歳。旧名は桑田源之丞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

籠手田安定

没年:明治32.3.30(1899)
生年:天保11.3.21(1840.4.23)
明治期の地方行政官。平戸藩士桑田安親の長男として肥前国北松浦郡平戸村(長崎県平戸市)に生まれる。広太郎,源之丞とも。明治6(1873)年ごろ約300年ぶりに籠手田姓に復す。幕末には藩の京都探索掛として活動。明治1年大津県判事試補となり,2年大参事,8年滋賀県権令,11年県令と滋賀県政を担当。松田道之前県令とは異なる現実重視派で勧業・教育に力を入れた。17年元老院議官,18年から島根,新潟,滋賀の知事を歴任。30年貴族院議員。男爵。剣道を好み山岡鉄舟に師事した。<参考文献>鉅鹿敏子『県令籠手田安定

(牧原憲夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

籠手田安定の関連キーワード司政官地方行政小区大区島司地方官地方行政官地方行政官庁地方行政機関木南正宣

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

籠手田安定の関連情報