コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米井源治郎 よねい げんじろう

2件 の用語解説(米井源治郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米井源治郎 よねい-げんじろう

1861-1919 明治-大正時代の実業家。
文久元年9月16日生まれ。明治屋に入社,明治36年社長となる。40年ジャパン・ブルワリーを買収して麒麟麦酒(現キリンビール)を設立,専務となり明治屋を専売店として販売拡充につとめた。大正8年7月20日死去。59歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。慶応義塾卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

米井源治郎

没年:大正8.7.20(1919)
生年:文久1.9.16(1861.10.19)
明治大正期の実業家。明治屋2代社長(1903~19),麒麟麦酒の創設者・専務取締役(1907~19)。美作国苫田郡高倉村(岡山県津山市)で,富農米井仲平 と布佐の次男として生まれる。明治20(1887)年,慶応義塾を卒業,又従兄弟の磯野計(1858~97)創業の洋酒・食料品商明治屋に入社,計の右腕として社業発展の礎を築いた。40年,岩崎久弥の支援を得て,居留地企業から発展したジャパン・ブルワリーを買収して麒麟麦酒株式会社を設立,同社専務兼キリンビール総代理店明治屋社長として販売拡充に努めた。身長は低いが大声で酒豪でもあり,人望を集めた行動的企業家であった。<参考文献>『明治屋百年史』

(佐々木聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米井源治郎の関連キーワード磯野長蔵牛尾梅吉梅原亀七岡本桜蔵重久兵衛阪本仙次島定治郎田中清文三井高堅森田判助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone