コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米光光正 よねみつ みつまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米光光正 よねみつ-みつまさ

1888-1980 大正-昭和時代の彫金家。
明治21年5月1日生まれ。15歳で肥後金工神吉(かみよし)派門下の叔父田辺吉太郎に入門。日本刀の鐔(つば)の装飾技法である肥後象眼の伝統をうけつぎ,錆(さび)付け仕上げの技術にもすぐれ,昭和40年肥後象眼・透(すかし)で人間国宝となる。昭和55年3月29日死去。91歳。熊本県出身。本名は太平。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米光光正
よねみつみつまさ
(1888―1980)

金工師。熊本生まれ。本名太平(たへい)。肥後金工神吉(かみよし)派門下の叔父田辺吉太郎に15歳で入門、刀装金具の彫金術を学ぶ。1918年(大正7)以降、商工省主催の全国工芸展で入選・入賞を重ね、59年(昭和34)熊本県の無形文化財保持者に、65年には「肥後象嵌(ぞうがん)・透(すかし)」の重要無形文化財保持者に認定された。肥後金工は細川氏入国以来栄えてきた伝統ある象嵌・透彫り技術で、鉄の錆(さび)色と金銀象嵌の配色に独特の味わいをみせ、おもに鐔(つば)や鉄砲に施されたが、近年では花瓶のほか帯留、ネクタイ留めなどもつくられている。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

米光光正の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門昭和時代

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android