コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉治憲 うえすぎはるのり

6件 の用語解説(上杉治憲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上杉治憲
うえすぎはるのり

[生]寛延4(1751).7.20. 江戸
[没]文政5(1822).3.12. 米沢
江戸時代中期の米沢藩主。号は鷹山。日向高鍋藩主秋月種美の次男で,上杉重定の養子となり明和4 (1767) 年に家を継ぐ。細井平洲などに師事して知識をたくわえ,当時財政的には破産状態にあった米沢藩の改革を,みずから率先して倹約を行うなどして,実施した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上杉治憲【うえすぎはるのり】

第9代出羽(でわ)米沢藩主。号は鷹山(ようざん)。日向(ひゅうが)高鍋藩主秋月種美(たねみ)の子で上杉重定の養嗣子となる。1767年襲封。藩政改革を推進し,思いきった倹約励行・開墾奨励・農村復興に努めた。
→関連項目藩政改革米沢藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉治憲 うえすぎ-はるのり

上杉鷹山(うえすぎ-ようざん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うえすぎはるのり【上杉治憲】

1751‐1822(宝暦1‐文政5)
第10代米沢藩主。江戸時代の名君の一人。幼名松三郎,元服して治憲,のち鷹山(ようざん)と号した。日向高鍋藩主秋月種美の次男として江戸に生まれ,上杉重定の養嗣子となる。1767年(明和4)17歳で米沢藩主となった。治憲襲封以前の米沢藩政は動揺が激しく,宝暦年間(1751‐64),森平右衛門が郡代として藩政の実権をにぎったが,新政半ばにして菁莪社中のクーデタによって暗殺され,治憲の藩主就任とともに,奉行竹俣当綱(まさつな)を中心とする藩政改革が開始された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うえすぎはるのり【上杉治憲】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上杉治憲
うえすぎはるのり
(1751―1822)

江戸中期の米沢(よねざわ)藩主。日向(ひゅうが)国(宮崎県)高鍋(たかなべ)藩主秋月種美(たねみつ)の二男として江戸に生まれる。幼名松三郎、のち直松(なおまつ)。1760年(宝暦10)出羽(でわ)国(山形県)米沢藩主上杉重定(しげさだ)の養嗣子(ようしし)となり、67年(明和4)4月、満15歳で第10代の藩主となる。元服して治憲を名のり、藩主隠退後の1802年(享和2)に鷹山(ようざん)と号した。治憲の襲封は、藩政改革の開始を意味した。当時米沢藩は極度の財政窮乏のため、領土を幕府に返上しようとする有力な議論も出ていたが、藁科松伯(わらしなしょうはく)の菁莪社(せいがしゃ)に集まった有為の人物を中心に、新藩主治憲をたてて藩政改革を断行した。改革は天明(てんめい)年間(1781~89)の中断期を挟んで、明和(めいわ)・安永(あんえい)の改革、寛政(かんせい)の改革にわたり長期に及んだ。第一次の改革は治憲が藩主として、執政竹俣当綱(たけのまたまさつな)のもとに進められ、大倹約令の実施、農村支配機構の改革、漆・桑・楮(こうぞ)各100万本の植え立て、織物技術の導入、藩校興譲館の創設など積極的な施策が実施された。倹約の実践、藩校創設の指導にあたっては、藩主自ら親しく儒者細井平洲(へいしゅう)や渋井太室(たしつ)の教えを請うている。改革が天明飢饉(ききん)その他の理由で中断したあと、85年(天明5)治憲は満33歳で藩主を隠退し、その後は新藩主治広(はるひろ)(重定の実子)の後見役となるが、ときに新藩主に与えた『伝国之辞』が有名。寛政の改革は中老莅戸善政(のぞきよしまさ)(太華(たいか))を中心に推進されたが、隠殿における治憲は女中たちに養蚕、絹織りをさせるなど、精神的、実践的にも一貫して改革を指導している。文政(ぶんせい)5年3月12日米沢で没す。[横山昭男]
『横山昭男著『上杉鷹山』(1968・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上杉治憲の言及

【莅戸善政】より

…1767年(明和4)に始まる明和・安永の改革に参画し,町奉行から小姓頭(300石)となった。上杉治憲(鷹山)治下のこの改革は,天明年間(1781‐89)の中断期を経て寛政改革へ引き継がれ,善政は改革の中心人物であった。91年(寛政3)中老職となり,改革の大綱《総紕(そうひ)》および《樹畜建議》を作成し,鷹山の言行録《翹楚編(ぎようそへん)》を撰した。…

【藩政改革】より

…だから,大名を補佐する執政に恵まれるとき,藩政の再構築を目ざす藩政改革がみられることになる。この典型としては,肥後熊本藩54万石を受け継いだ第6代細川重賢(しげかた)と家老堀勝名の関係,陸奥会津藩28万石の第5代松平容頌(かたのぶ)と家老田中玄宰との関係,そして,出羽米沢藩15万石の第10代上杉治憲(はるのり)(鷹山)と改革派を代表する竹俣当綱(たけのまたまさつな)との関係をあげることができよう。 上杉治憲が名君の典型であったことはよく知られているが,彼は日向国高鍋藩主秋月氏の次男として生まれ,部屋住上がりの辛酸をなめていた。…

【米沢藩】より

…このころ,側役から郡代頭取となって権力をにぎった森平右衛門が新政を実施したが,譜代層の非難をあび,63年江戸家老の竹俣当綱(たけのまたまさつな)によって誅殺された。67年(明和4)上杉治憲(鷹山)が上杉家第10代を家督し,藩政改革を実施した。改革は明和・安永の改革,天明年間(1781‐89)の中断期および寛政の改革に分けられるが,長期にわたる。…

※「上杉治憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上杉治憲の関連キーワード米沢織共助上杉勝定上杉勝周上杉勝道上杉勝義佐藤秀周神保忠貞綱俊(初代)松本魯堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone