コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米田虎雄 こめだ とらお

2件 の用語解説(米田虎雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米田虎雄 こめだ-とらお

1839-1915 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)10年生まれ。長岡監物(けんもつ)の次男。慶応2年肥後熊本藩家老。明治3年権(ごんの)大参事となり,藩政改革を実施。翌年宮内省にはいり,のち侍従長。明治天皇の側近にあり,宮中顧問官と主猟頭(しゅりょうのかみ)をかねた。子爵。大正4年11月27日死去。77歳。名は是保。通称は別に虎之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

米田虎雄

没年:大正4.11.27(1915)
生年:天保10.1(1839)
熊本藩士,明治天皇側近。通称虎之助。熊本藩家老長岡監物(本姓米田)の子で,兄是豪を継いで慶応2(1866)年家老となった。戊辰戦争に藩兵を率い出征,帰国後権大参事として藩政改革に着手した。明治4(1871)年7月,公家に加えて士族も侍従に登用する宮中改革が行われた際,侍従になり,以降ほぼ一貫して侍従の職にあった。10,11年には侍補となり天皇親政運動に参画した。25年男爵,のち子爵。37年宮中顧問官を兼ねる。また猟を能くし,41年以降 主猟頭も兼ねた。<参考文献>下田曲水『近代肥後人物史』

(西川誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米田虎雄の関連キーワード熊本城辛島格佐伯関之助佐藤固庵白木為直田代正道津田静一津田信弘徳永規矩細川興増

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone