コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米谷隆三 まいたに りゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米谷隆三 まいたに-りゅうぞう

1899-1958 昭和時代の法学者。
明治32年2月11日生まれ。商工省の保険事務官などをへて,昭和5年母校東京商大(現一橋大)の助教授となり,ヨーロッパ留学後の13年教授に就任。戦後は教職追放をへて,27年成蹊大教授。商法,保険法を専攻し,30年「約款法の理論」で学士院賞。昭和33年5月3日死去。59歳。岡山県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米谷隆三の関連キーワード米谷 隆三昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android