コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗忽/楚忽 ソコツ

デジタル大辞泉の解説

そ‐こつ【粗×忽/××忽】

[名・形動]
軽はずみなこと。そそっかしいこと。また、そのさま。軽率。「―な男」「―な振る舞い」
不注意なために引き起こしたあやまち。そそう。「―をわびる」
唐突でぶしつけなこと。失礼なこと。また、そのさま。
「ちかごろ―な申しごとぢゃが…わごりょの心得をもって戴せてくれさしめ」〈虎寛狂・米市
[派生]そこつさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そこつ【粗忽】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
軽はずみなこと。注意や思慮がゆきとどかないこと。また、そのさま。 「 -な人」
不注意なために起こったあやまち。そそう。 「 -をわびる」
失礼。無礼。 「 -ながら、その提灯の紋を見せて下さりませ/歌舞伎・助六」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

粗忽/楚忽の関連キーワード祖・俎・咀・塑・措・楚・狙・疎・疏・礎・祖・祚・租・粗・素・組・蘇・訴・遡・阻・鼠古今亭 志ん生(5代目)春風亭 小柳枝(7代目)柳家 小さん(5代目)落語の「落ち」の種類古今亭志ん朝(3世)柳家小さん(5代)熊さん・八っつぁんベジャール一家野呂 粕次郎アンドリュー落語の演題粗相惣兵衛グァレスキ忽・惚・骨柳家小さんそそかしい江戸落語文七元結必ずとも

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android