コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗/麁

5件 の用語解説(粗/麁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そ【粗/×麁】

[名・形動]
あらいこと。雑なこと。大まかなこと。また、そのさま。
「表面の―なる物体に」〈寅彦ルクレチウスと科学〉
粗末なこと。また、そのさま。
「只管(ひたすら)服装の―なるを排して」〈逍遥当世書生気質

そ【粗】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]あらい ほぼ
〈ソ〉
大ざっぱで念入りでない。いいかげん。「粗雑粗製粗末粗密粗野粗略精粗
物を勧めるとき謙遜を表す語。「粗品粗酒粗茶
〈あら〉「粗筋
[難読]粗目(ざらめ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あら【粗】

( 名 )
魚類の主要な魚肉を取り去った残りの部分。 「 -の吸い物」
粗糠あらぬか 」に同じ。
(主に人の)欠点。おちど。 「 -を探す」 「 -が見える」
( 接頭 )
名詞に付く。
おおざっぱである、こまかでない、粗雑である、などの意を表す。 「 -筋」 「 -けずり」
人手を加えていない、の意を表す。 「 -木」 「 -金がね

そ【粗】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大ざっぱで、きめ細かでないこと。荒っぽいこと。また、そのさま。 「当時の人情又-なるにより/日本開化小史 卯吉
品質が悪いこと。出来ばえが劣ること。また、そのさま。 「啻ただに服飾の-に甘んじたばかりではない/安井夫人 鷗外

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone