コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗/麁

デジタル大辞泉の解説

そ【粗/×麁】

[名・形動]
あらいこと。雑なこと。大まかなこと。また、そのさま。
「表面の―なる物体に」〈寅彦ルクレチウスと科学〉
粗末なこと。また、そのさま。
「只管(ひたすら)服装の―なるを排して」〈逍遥当世書生気質

そ【粗】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]あらい ほぼ
〈ソ〉
大ざっぱで念入りでない。いいかげん。「粗雑粗製粗末粗密粗野粗略精粗
物を勧めるとき謙遜を表す語。「粗品粗酒粗茶
〈あら〉「粗筋
[難読]粗目(ざらめ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

あら【粗】

魚を調理したあとに残った頭・骨・内臓など。あら煮・うしお汁などに利用される。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あら【粗】

( 名 )
魚類の主要な魚肉を取り去った残りの部分。 「 -の吸い物」
粗糠あらぬか」に同じ。
(主に人の)欠点。おちど。 「 -を探す」 「 -が見える」
( 接頭 )
名詞に付く。
おおざっぱである、こまかでない、粗雑である、などの意を表す。 「 -筋」 「 -けずり」
人手を加えていない、の意を表す。 「 -木」 「 -金がね

そ【粗】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大ざっぱで、きめ細かでないこと。荒っぽいこと。また、そのさま。 「当時の人情又-なるにより/日本開化小史 卯吉
品質が悪いこと。出来ばえが劣ること。また、そのさま。 「啻ただに服飾の-に甘んじたばかりではない/安井夫人 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

粗/麁の関連キーワード可消化粗タンパク質粗挽きソーセージグリットストーントリスタナイトマクロメリックあらあらかしこアルカリ安山岩エーテル抽出物農産物販売金額橄欖石セラル岩コーンミール粗面岩状構造モンゾニ斑岩売上総利益率可溶無窒素物粗面安山岩斜長流紋岩売上総利益グラニトン石英粗面岩

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android