(読み)ソ

デジタル大辞泉「粗」の解説

そ【粗】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]あらい ほぼ
〈ソ〉
大ざっぱで念入りでない。いいかげん。「粗雑粗製粗末粗密粗野粗略精粗
物を勧めるとき謙遜を表す語。「粗品粗酒粗茶
〈あら〉「粗筋
[難読]粗目(ざらめ)

そ【粗/×麁】

[名・形動]
あらいこと。雑なこと。大まかなこと。また、そのさま。
「表面の―なる物体に」〈寅彦・ルクレチウスと科学〉
粗末なこと。また、そのさま。
「只管(ひたすら)服装の―なるを排して」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「粗」の解説

あらら【粗】

〘接頭〙 (「あらあら(粗粗)」の変化した語) 名詞の上に付いて、まばらなさまを表わす。「あらら松」「あらら松原」など。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android