コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗繊維

2件 の用語解説(粗繊維の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

粗繊維

 食品,飼料の成分で,希酸および希アルカリ溶液で順次抽出した残りの有機物と定義される.セルロースリグニンヘミセルロースペントサンなどが主たる物質で,単胃動物では不消化物であるが,反すう動物では反すう胃内の微生物により部分的に消化され利用される.本来不消化物量を推定するための指標として用いられたが,近年,この方法で可溶性として測定される物質にも不消化物があることから,食物繊維として,別の定量法が開発され,利用されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粗繊維
そせんい

食品を弱酸、ついで弱アルカリと順次煮沸(しゃふつ)したとき、壊れずに残る成分を粗繊維という。1800年代の終わり近く、ドイツのウェンデWeende農事試験場のヘンネベルクHennebergらが、セルロースは動物の胃(酸性)でも腸(アルカリ性)でも分解されずに排泄(はいせつ)されることからヒントを得て定量法を考え出し、この方法の改良法が今日でも用いられている。日本食品標準成分表の繊維は、この粗繊維定量法による。しかし、この方法は、食品中のセルロースとリグニンの一部を、それも精度があまり高くなく定量しているにすぎない。したがって、現在、便秘、憩室(けいしつ)病、虫垂(ちゅうすい)炎の予防、さらに糖尿病、虚血(きょけつ)性心臓病、大腸癌(がん)、胆石(たんせき)などの生活習慣病(成人病)の予防に重要と考えられている食物繊維の全部を定量するためには、粗繊維定量法以外の方法を用いなければならない。[不破英次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粗繊維の関連キーワードアルカリ性食品アルカニンアルカンナイソチオシアネート一般成分食品成分飼料成分表飼料要求率糖質(差引き)飼料 (feed, fodder, forage)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粗繊維の関連情報