コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憩室 ケイシツ

4件 の用語解説(憩室の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けい‐しつ【憩室】

胃・腸・心臓・気管などの臓器の壁面が拡張し、小さなこぶ状の部屋ができたもの。「大腸憩室

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいしつ【憩室】

内腔性臓器(食道・胃・腸・気管・心臓・尿道・卵管など)における壁の限局性突出。一般に無症状。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

憩室
けいしつ

病理学的には、内腔(ないくう)の異常を呈する形態異常の一種と定義されているが、臨床的には、内腔臓器の限局性の拡張をさし、食道、小腸、大腸、膀胱(ぼうこう)などに認められる憩室が問題とされる。食道憩室には、括約筋の発育不良、嚥下(えんげ)時の損傷などに食道内圧の上昇が加わって食道上部後壁におこる憩室と、食道周囲の炎症、癒着に牽引(けんいん)されて食道の前壁におこる憩室とがある。小腸憩室は、小腸の大腸移行部にある回盲(かいもう)弁から、口側に向かって約1メートルほどの、小腸の腸間膜付着部の反対側に発生するものが多く、メッケルMeckel憩室とよばれる。これは、胎生期の臍(さい)腸管の一部が閉鎖しないまま残ったものである。
 大腸憩室では、S字状結腸、下行結腸に多発し、老年男性の肥満者に多い。とくにS字状結腸にみられるものはグラーセルGraser憩室とよばれている。膀胱憩室は、膀胱筋層の発育不全、尿うっ帯による内圧上昇によって生ずるものである。いずれの憩室も、内容の停留、憩室炎、穿孔(せんこう)をおこす可能性があり、場合によっては外科的に切除する。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の憩室の言及

【小腸】より

…また慢性小腸炎とは臨床的に慢性下痢,腹痛,消化不良症状を示すものをいうが,これも急性症同様概念はあいまいで,詳細に検討すれば別の病名で呼ばれる可能性も大きい。(2)小腸の憩室 憩室diverticulumとは臓器の輪郭外に膨れだした袋状の構造をいい,通常みられるのは筋層のすきまから粘膜,粘膜下層が風船のように膨れだしたものである。十二指腸中部内側は非常に憩室の多いところで,検査を行うと5%くらいの頻度でみられる。…

※「憩室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

憩室の関連情報