内向性(読み)ナイコウセイ

世界大百科事典 第2版の解説

ないこうせい【内向性】

人間の基本的態度を記述するため,ユングによって〈外向性〉とともに用いられた用語。ユングはS.フロイトアードラーの学説の差に注目し,同一の事象が二人にとって異なった理論により説明されるのは,二人の基本的態度が異なるからであると考え,内向introversion―外向extraversionという概念をたてた。外向とは心的エネルギー外界へと向かい,外的な事物や人物に関心を示し,外界からの影響を受けやすい傾向であり,内向とは心的エネルギーが内界へと向かい,内的な事象に関心が向かうことであるとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないこうせい【内向性】

〘心〙 ユングによる性格タイプの一。内気・控えめで思慮深いが、実行力に乏しく、周囲の社会的なものへの興味をもたず、自己の内面に関心をもつ性格。 ⇔ 外向性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内向性
ないこうせい
introversion

外向性とは逆に、興味や関心が外界でなく自分自身に向けられる性格のこと。思慮深く控え目で、決断に際してためらいがちで、実行力に乏しい。また、物事に対して懐疑的、批判的で、自説にこだわりやすく、感情をあまり外に表さず、引っ込み思案で、友人が少ない。考え方は抽象的、理論的で、具体的、実際的でない傾向がある。[浅井邦二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内向性の言及

【向性検査】より

…精神医学者ユングの内向性・外向性の性格類型に発想の基礎をおいた人格検査の一つで,アメリカのレアードD.A.Laird,サーストンL.L.Thurstoneらにより向性を簡単に調べるものとして発表された。日本では1932年に淡路円治郎,岡部弥太郎が50項目の質問に,はい,いいえの二件法で答える向性検査を作成し,次の式による向性点を算出した。…

※「内向性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内向性の関連情報