コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山城物 やましろもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山城物
やましろもの

山城国 (京都) の刀工による刀剣平安時代以降,江戸時代まで多くの名工が出た。平安時代には伯耆の安綱,京都の三条小鍛冶宗近が,いわゆる日本刀初期の名工として著名。鎌倉時代には粟田口に居住した粟田口国友,国綱,吉光粟田口派が著名であり,いずれもすぐれた作刀が現存する。これに対して「来 (らい) 」と称する一派が国行を祖として,鎌倉時代中期~南北朝時代に繁栄した。なお文永年間 (1264~75) 頃には綾小路に住したと伝えられる綾小路定利がいる。このほかに了戒の系に属し,相州貞宗の弟子と伝えられる信国一派,正宗の弟子とされる長谷部国重・国信一派,鎌倉時代末期の年紀のある作品を残す平安城光長などが著名。室町時代の山城には前代に続いて信国一派と平安城長吉,三条吉則一派と鞍馬関一派がある。新刀京物には埋忠明寿 (うめただみょうじゅ) を祖とする埋忠派,信濃守堀川国広を祖とする堀川派,これに対する三品派の良工が出て京鍛冶は隆盛をきわめたが,江戸時代中期以後はふるわなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やましろ‐もの【山城物】

山城の刀工が鍛えた刀の総称。三条・粟田口(あわたぐち)・来(らい)などの流派が有名。京物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山城物【やましろもの】

京物とも。山城国の刀工が作った刀剣の総称。平安時代中ごろに三条宗近が出てから各時代に名工が輩出,特に鎌倉時代には粟田口派,来(らい)派が栄え全盛をきわめた。粟田口派の久国,則国,国吉,吉光,来派の国行,国俊,来国光,来国次などのほか,綾小路派定利などが名工として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やましろもの【山城物】

山城国在住の刀鍛冶が作った刀剣の総称。京物ともいう。山城国は鉄をまったく産出しないが,平安時代以来,文化の中心地として刀鍛冶が多く活躍し,大和,備前,相州,美濃とともに刀剣の五大生産地の一つとなっている。山城鍛冶の繁栄は平安中期から江戸初期までの長期にわたるが,永延(987‐989)のころ三条に住した三条宗近が最も古く,ついで一門の三条吉家,五条兼永,五条国永ら古京物と称される一派がおこった。鎌倉初期には《宇治拾遺物語》にも〈粟田口の鍛冶〉とあるように,粟田口派があらわれて名工が輩出し,とくに国友,久国,国安の兄弟は後鳥羽上皇の番鍛冶に選ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やましろもの【山城物】

山城国の刀匠の鍛えた刀剣類の総称。平安時代の三条・五条、鎌倉時代の粟田口・来らい・綾小路などの各派に分かれる。京物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山城物
やましろもの

山城国(京都府)で制作された刀剣の総称。京物ともいう。当地では鉄の産出をみないが、平安時代以降文化の中心地として多くの刀工が活躍し、大和(やまと)(奈良県)、備前(びぜん)(岡山県)、相州(神奈川県)、美濃(みの)(岐阜県)とともに五大生産地の一つとして栄え、江戸初期にわたる。永延(えいえん)(987~989)ごろ三条に住した宗近(むねちか)(三条宗近)の有銘作があり、彼は多くの弟子をもって一派をなした。鎌倉初期には粟田口(あわたぐち)に国友、久国をはじめとする粟田口派がおこり、一方、同じころ四条大路には定利(さだとし)、定吉らの綾小路(あやのこうじ)派が活躍した。後期には国行を祖とする来(らい)派の隆盛をみるが、南北朝時代に入ると信国(のぶくに)が同銘数工数代続き、長谷部(はせべ)派も腕を競った。室町時代には信国派以外に名工の輩出はなく、末期に平安城長吉、三条吉則(よしのり)の名があげられる程度である。桃山時代には急激に鍛冶(かじ)が蝟集(いしゅう)し、堀川国広、埋忠明寿(うめただみょうじゅ)、伊賀守金道(いがのかみかねみち)などの一門が栄えたが、やがて江戸に政治の中心が移るとともに衰退した。山城物は、寺社や領主に隷属せず、一般に市販されていたのが特色とみられ、ために作風も華やかで地鉄(じがね)、刃文の優美なものが多い。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山城物の関連キーワード粟田口吉光刀剣類刀匠各派

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android