精留塔(読み)せいりゅうとう

精選版 日本国語大辞典の解説

せいりゅう‐とう セイリウタフ【精留塔】

〘名〙 精留を行なうための塔状の蒸留装置。原料液を仕込む塔、それを加熱するための罐(かま)、塔からの蒸気を凝縮する分縮器からなる。蒸留塔。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

精留塔
セイリュウトウ
rectifying column(tower)

精留を行う塔型の装置で蒸留塔ともいう.図のようにスチル(蒸留缶,蒸留がまともいう),塔,凝縮器より構成される.スチルで蒸発して内を上昇する蒸気と,塔内を流下する還流液とが接触し,蒸気中の組成は塔頂に近いほど低沸点の成分を多く含むようになり,還流液中の組成は塔底に近いほど高沸点成分を多く含むようになる.塔の形式には段塔(図)と充填塔などがあり,操作としては連続(連続操作)と回分とがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android